人中が目立つことで自分の顔が嫌いな人は

顔立ちは良いのだけれど、鼻の下がちょっと長すぎるために、美人になりそこねた人、たくさんいるのではないでしょうか。目とか鼻は、スッキリして綺麗だけれど、鼻と口の間のバランスが悪い人もいるのでしょう。このような人を、人中が長い人と言い、この人中を短く切る人が出て来ています。人中が目立つようでは、相当顔のバランスが悪いと考えられます。このような手術を人中短縮と言い、手術の結果、若くなる人が多くいます。若々しく見えることもありますが、若干上唇が厚く見えるようになり、綺麗さが増して見えるようにもなります。また、間延びした顔がキリッと締まることにもなり、美しく見えること間違いなくなります。費用に30万円ほどかかりますが、一生顔で悩むことを考えた時には、安くついたものとなるはずです。費用を考えるより、信用の出来る美容整形へ行くことをお薦めします。

人中の広さが目立つので

以前からコンプレックスがあります。それは人中の広さです。簡単に言ってしまうと、鼻の下が伸びている状態で、鼻と上唇の感覚が広いです。それによって、だらしないような印象を与えてしまっているのではないかと、とても悩んでおります。このコンプレックスは学生の頃からあります。自分では、その広さが目立つように感じているのですが、友人はそこまで気にしなくても大丈夫と言ってくれております。しかし、気になってしまっている自分がいるので、今度、勇気を出して、整形手術を受ける予定です。上唇を上に上げる事によって、鼻と唇の感覚を狭くする方法です。両親からも了承をもらっております。まさか自分が整形手術をするとは考えておりませんでしたが、これで長年感じていたコンプレックスを克服できるのであれば、すぐにでも整形手術を受けたいです。新しい自分を見るのが、とても楽しみです。

人中短縮術の傷が目立つかどうかについて

鼻の下にあるくぼみを「人中」といいます。ここが大きいことや、長いことで、悩んでいる人はとても多いです。ここが際立っていると、顔全体が間のびして見えてしまうことがあります。また、占いの顔相的にも、お金が貯まりにくいとか、いろいろ言われてしまったりします。他人から見て気にするほどではないと思っても、本人にとっては非常に問題です。そんな悩みにこたえてくれるのが、人中短縮術といわれる整形手術です。別名、上口唇挙上やリップリフトともいわれます。鼻の下の皮膚を切除し、短くします。とても人気の高い手術ですが、よく言われるのが、術後の傷が目立つということです。しかし、実際は、それほどでもないケースが多いです。鼻のすぐ下なので、影になって見えないこともありません。気にするかどうかは、その人の考え方によるので、医者選びをきちんとして、手術のリスクをよく理解し、行うことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*