人中の広さが目立つのが嫌です

学生の頃から、コンプレックスがあります。それは鼻の下が長いという事です。自分で言うのは変かもしれませんが、鼻の下長いという事は、だらしないような顔立ちになってしまいます。それが嫌でした。学生の頃に、初めて友人に言われ、それから気になるようになってしまいました。友人に言われてから、目立つのではないかと考えるようになってしまっております。ちょうど人中の場所です。そこの広さを狭くさせたいです。調べてみると、唇の上を上げる事で、人中の広さを狭くさせます。デメリットとして、笑った時に前歯が気になってしまったりする事もあるようですが、それはちゃんと先生と話しをしたいです。まさか整形手術をするとは考えておりませんでしたが、コンプレックスがなくなるのであれば、やって良かったと考えるはずです。新しい自分を見るのが凄く楽しみです。

人中で目立つためには

大都市東京などと行った人中で目立つためには、何よりも身長を伸ばす必要があります。身長が高いということは、それだけで多くの人から注目を浴びます。そこで最近流行りつつある市販のアップシューズ等を活用し身長を高く見せましょう。次に目力を強くする必要もあります。人は相手の目に惹きつけられる生物です。目力を強くすることだけで多くの人々の注目を浴び、人中でも目立ちます。また、服装もカラフルなコーディネーションにするとよいでしょう。地味な色合いの黒や紺などといった色合いの服では目立ちません。黄色や赤色などといった派手な色の服を上手にコーディネートするとよいでしょう。人中で目立つといっても、よい目立ち方と悪い目立ち方があります。悪い目立ち方にならないように、大都市で目立っている人の服装や目力などを参考にするとよいでしょう。

人中に目立つほくろがあった

昔から、人中に目立つほくろがありました。学生の頃は、本当に気になってしまっており、コンプレックスになっておりました。大きさは4mmほどありました。これを切る為に、手術を受けました。料金は、手術以外の通院なども含めて2万円くらいでした。レーザー治療で処置をしたので、手術の時間は10分くらいでした。本当に、体にかかる負担も少なく、簡単にできました。それからは、人中に目立ったほくろがないので、コンプレックスも消え去りました。その手術を受けたのは、1年ほど前ですが、もっと前から、勇気を出して、やっておけば良かったなと考えております。ほくろがなくなってからすぐは、傷もありましたが、今では本当にほくろがあったのかと考えてしまうほど綺麗になっております。料金や手術時間、すべてにおいて、楽だったので本当に良かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*